テレビの処分|大量に発生してしまった不用品は不用品回収業者に任せよう

いらなくなったテレビを廃棄処分する方法が知りたい

テレビを処分するには

買い替えで不要になったテレビや壊れて映らなくなってしまったテレビは処分する必要がありますが、そもそもテレビはゴミとして処分できるのでしょうか?意外と知らないテレビの処分方法について紹介していきます。

テレビの処分

電化製品

粗大ゴミにはならない

液晶テレビなどのテレビを粗大ゴミとして処分することはできません。細かく分解して分別を行い、それぞれの回収日に捨てればゴミとして処分することは可能ですが、労力や手間がかかりますし、分別方法が間違っていた場合回収してもらえないこともあります。

なぜゴミにならないのか

では、なぜテレビは一般のゴミや粗大ゴミとして処分できないのでしょうか?それは、テレビなどの電化製品にはリサイクルが義務づけられているから。テレビなどの電化製品はリサイクルする必要があるということですね。

家電リサイクル法

テレビなどの電化製品の処分については家電リサイクル法という法律が適用されます。この家電リサイクル法は2000年に始まった新しい法律で、テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電の処分に関して定めた法律になります。

家電の処分にはお金がかかる

この家電リサイクル法にのっとってテレビなどの電化製品を廃棄処分する場合、リサイクル料金が発生します。テレビのリサイクル料金はサイズやメーカーによって異なってきますが、15インチ以下の小型のもので1700円ほど、16インチ以上のもので2700円ほどかかってきます。

回収業者に依頼しよう

リサイクルは大切ですが、処分するのにお金をかけるのは何だかもったいないですよ?そんなときは回収業者に依頼しましょう。回収業者では無料でテレビを回収してくれますよ。